※当サイトでは一部アフィリエイト広告を利用しております

【これで完璧】個人で始める海外販売!日本のものを海外に売るのに便利なサイトを7つ紹介

  
\ この記事を共有 /
【これで完璧】個人で始める海外販売!日本のものを海外に売るのに便利なサイ...
「個人で海外販売する方法が知りたい」
「どんな製品を売るのが良いのかな?」
「海外販売するのに便利なサイトは?」

せどり初心者

個人で海外販売を始めてみたくても、どこで商品を販売したらいいかわかりませんよね。

最近では、個人でも簡単に海外向けの商品を販売できるようになっています。

しかも選択肢はひとつではありません。したがって、個人の事情に合わせた海外販売がスタートできるでしょう。

この記事では、個人で始める海外販売について以下の内容を解説します。

  •  個人で海外販売する方法
  •  海外販売ができるサイト
  •  個人の海外販売のメリット・デメリット

ぜひこの記事を参考にして、気軽に個人で海外販売を始めて稼いでみてください。

なお、ブログに書けない更に詳しい転売のノウハウに関しては僕の無料マニュアルで濃い内容を配信しています。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

個人で海外販売する3つの方法

個人で海外販売する方法を3つ紹介します。

  1. 越境ECサイトに出品する
  2. 自社でECサイトを開設する
  3. 現地で商品を販売してくれるパートナーを探す

それぞれ確認していきましょう。

1. 越境ECサイトに出品する

越境ECサイトは、国外のバイヤーを対象に取引するのが前提のプラットフォームです。

有名な越境ECサイトの例を挙げると、以下のとおりです。

多くの越境ECサイトは集客力があり、毎日多くのバイヤーが閲覧します。そのため、売れる商品を出品すれば、すぐに海外販売がスタートできます。

大抵の越境ECサイトは、誰でも登録、出品ができるため個人で海外販売を始めやすいです。

2. 自社でECサイトを開設する

方法としては、ゼロから海外用のECサイトを構築する方法と、サイト制作サービスを使ってパッケージ化されたWebサイトを立ち上げるという2つの方法があります。

ゼロから海外向けにECサイトを作るにはWebサイト制作の知識が必要であり、誰でも始められるわけではありません。

対して、サイト制作サービスはWebサイトがパーツ化されており、初心者でもECサイトを構築できます。

知名度のあるサイト制作サービスは、以下のとおりです。

ECサイトを立ち上げても認知度も集客力もないため、SNSを使って海外のバイヤーに情報発信をしないといけません。そのため、初心者には難易度が高い方法といえます。

越境ECサイトとは異なり、手数料や細かなルールがないため、ビジネスが軌道に乗れば得るものは大きいです。

3. 現地で商品を販売してくれるパートナーを探す

海外販売をしていると、海外で個人ショップを経営している人から大量注文の問い合わせが来る場合があります。このようなバイヤーは大口顧客である可能性が高いです。

もし卸売りの契約ができたら、一定期間ごとにまとまった量の商品注文を受けられるようになり、海外販売で大きな利益が期待できるでしょう。

再現性が低く偶然の要素が大きいため、方法として選べるわけではありません。しかし、バイヤーからオファーがあった場合は大きなチャンスなので、積極的に行動してみてください。

個人で始める輸出ビジネスについては関連記事「【利益が出る】輸出ビジネスの個人でのやり方5ステップ!儲けるコツ・おすすめの商品を解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

個人で海外販売ができるサイト7選

この章では、個人で海外販売する際に役立つサイトを7つ紹介します

  1. Amazon
  2. eBay
  3. Shopee
  4. Etsy
  5. Pinkoi
  6. Lazada
  7. Instagram

ひとつずつ確認していきましょう。

1. Amazon

画像引用元:Amazon.com : USA

Amazonはアメリカ発祥であり、先進国を中心に大きなシェアと売上を誇るECプラットフォームです。マーケットプレイス型の越境ECサイトであり、日本からでも海外のAmazonセラー登録すれば個人でも出品できます。

日本から海外のAmazonに商品販売する「Amazon輸出」が転売ビジネスとして有名です。

Amazonの物流倉庫を借りられるFBAサービスを利用すれば、出荷作業のほとんどを自動化できます。めからから売り込む国や人を絞って、大規模な海外販売をする際におすすめのプラットフォームです。

Amazonを使った海外販売については関連記事「【完全攻略】Amazonせどりのやり方6ステップ!儲からない理由・成功の秘訣を一挙紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

2. eBay

ebayは世界最大のインターネットオークションサイトであり、全世界190ヵ国以上に進出しています。Amazonと同様に、マーケットプレイス型のサイトであり、セラー登録すれば個人で出品できます

北米では最も浸透しており、次にヨーロッパでの認知度が高いです。

オーストラリアでは、Amazonより取引が活発なプラットフォームとされています。Amazonよりも低価格で商品が取引される傾向があるため、出品価格をお得に設定すれば海外バイヤーと頻繁に取引ができるでしょう。

eBayを使った海外販売については関連記事「【グローバルに稼ぐ】eBayは個人輸出におすすめ!事前準備から儲かるコツまで徹底解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

3. Shopee

Shopee(ショッピー)は、2015年にシンガポールで設立された越境ECプラットフォームです。

東南アジアで急成長を遂げており、アプリダウンロード数で第1位を獲得。先の2つとは異なり、出品ではなく出店をする形で商品の取引をします

また、購入者と直にやり取りをして取引を行うのが特徴です。

2023年4月現在は、初期費用・維持費用が無料。販売手数料12%と安く、個人でも出店可能です。

展開国は以下の5ヵ国です。

  • シンガポール
  • マレーシア
  • タイ
  • フィリピン
  • 台湾

新規出店はシンガポール、または台湾に限定されており、一定の条件をクリアすれば、一気に数ヵ国に展開が可能です。

4. Etsy

Etsy(エッツィー)は、世界最大級のハンドメイド・ビンテージ通販サイトです。

ハンドメイドとビンテージ商品が中心に取引がされています。また、クラフト素材の仕入れ先としても利用されています。

サイトは日本語対応しており、英語に苦手意識があっても問題にならないでしょう。

会員の大半は外国人であり、2021年の段階で購入者は9,000万人とされています。海外向けにオリジナル商品を販売したい場合に適したプラットフォームです。

アプリから出品も簡単にできるため、隙間時間に海外販売ができるでしょう。

5. Pinkoi

Pinkoi(ピンコイ)は、台湾発祥の越境プラットフォームです。

タイや中国、マカオなどアジア向けであり、会員数は500万人以上と最大級。日本語対応しており、海外販売の経験がない初心者でもスタートがしやすいです。

アパレルやアクセサリーなど小物が多い傾向にあり、アジアンテイストのハンドメイド商品を海外販売したい人向けです。

6. Lazada

画像引用元:Lazada Japan

Lazada(ラザダ)は、Shopee(ショッピー)と同じく、東南アジア向けの越境ECサイトです。

ドイツのRocket Internet社が設立したサービスを、中国のアリババグループが2016年に買収。同グループの東南アジア向けのプラットフォームとなりました。

展開しているのは以下の6ヵ国です。

  • フィリピン
  • シンガポール
  • マレーシア
  • タイ
  • インドネシア
  • ベトナム

新規出店はフィリピンのみに限定されており、一定の評価を得られると、他の国への出店が可能になる仕組みです。

在庫量に関係なく、香港の物流センターに商品を預けるのがルールとなっています。つまり、日本で在庫管理はできません

他のサイトとは異なり、法人、もしくは個人事業主でないとアカウント作成ができません。そのため、東南アジア向けに海外販売を本気で始める場合のプラットフォームになるでしょう。

7. Instagram

画像引用元:Instagram.com

SNSであるInstagram単体では、海外販売はできません。しかし、ShopNowの機能を使えば、集客して自身が出品している商品を売りやすくなります

ShopNowを使えるようにする手順は、以下のとおりです。

  1. InstagramをビジネスアカウントにしてFacebookアカウントと連携させる
  2. Facebookでショップを開設する
  3. InstagramのShopNowの審査を申し込む

審査が通れば、ShopNowの機能が使えるようになります。

自身が海外販売で使っているEtsyやeBayの商品ページを紐づけて、集客し売上を伸ばせるでしょう。

海外販売に使えるアプリについては関連記事「【完全網羅】海外向けに商品を売るアプリ10選!販売におすすめの商品や注意点も解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

個人が海外販売する3つのメリット

個人が海外販売する際のメリットを紹介します。

  1. 見込み客が多い
  2. 小資本でスタートできる
  3. 利益を出しやすい

ひとつずつ説明しますね。

1. 見込み客が多い

見込み客は、国内販売よりも海外販売のほうが圧倒的に多いです。以前は、アメリカやイギリスなどの先進国に住む人が主なバイヤーでした。

しかし、これからは東南アジアの国々が経済的に豊かになり、発展途上国の人がバイヤーになるでしょう。人口も右肩上がりで増えているため、見込み客も今までより多くなります。

つまり、発展途上国向けの海外販売が大きく伸びるはずです

しかも2023年現在、東南アジア向けのプラットフォームは発展途上で参入が容易。まずはeBayで海外販売の経験を積み、次に東南アジア向けのプラットフォームで本格的にやってみるのがおすすめです。

2. 小資本でスタートできる

海外販売を個人でスタートする場合は、始める前に揃えなくてはいけない設備もないため、少額から海外販売が始められます。紹介したサイトも個人で参入でき、入会金や登録費用などはかかりません

しかも個人の海外販売は、数千円単位の安い商品を海外に向けて販売するだけで成立します。

副業や週末起業など、自身の生活スタイルに合わせて海外販売が始められるでしょう。

3. 利益を出しやすい

海外販売は、国内販売よりも価格を高く設定できます。

とくに、海外で人気のある日本の商品で、現地で手に入りにくいものを扱えば、販売価格をある程度高く設定しても売れる可能性が高いです。当然、利益出しやすくなります

したがって、扱う商品を選べば国内販売するよりも、海外販売のほうが利益を出せるでしょう。

個人が海外販売する3つのデメリット

個人が海外販売する際のデメリットを紹介します。

  1. 輸出先の言語の理解が必要になる
  2. 禁制品や関税に配慮しないといけない
  3. 配送中に商品の破損の危険がある

それぞれ確認していきましょう。

1. 輸出先の言語の理解が必要になる

英語圏であれば、中学生レベルの英語が理解できれば問題ありません。Google翻訳を利用すれば、簡単な取引は十分に行えるでしょう

しかし、意思疎通に不自由があると、知らずに失礼なやり取りや表現をして顧客を怒らせてしまい、クレームになる可能性があります。

円滑な取引のためにも、相手の国の言葉や文化を少しずつ理解するようにしましょう。

2. 禁制品や関税に配慮しないといけない

海外販売は、個人間の取引であっても貿易のひとつです。発送する国によっては輸入が禁止されていたり、法外な関税が課されていたりするケースがあります。

以前は日本でも、海外から持ち込まれる米に778%という関税をかけていました。

関税は購入者が受け取る際に支払うため、安く買ったつもりが関税が高額でクレームにつながる場合もあります。

取り扱う前に税関やジェトロに問い合わせて、一度確認しましょう。

3. 配送中に商品の破損の危険がある

商品が破損してしまっては取引になりませんしかも、海外発送中に荷物が投げられることは頻繁にあるため、破損のリスクは常に対策が必要です。

とくに、カメラや楽器など衝撃に弱い商品を扱うなら、投げても中身が壊れないように梱包しないといけません。

梱包を二重にしたり、緩衝材を大量に詰め込んだりして商品破損への対策をしましょう。

海外販売は個人でもできる!やり方を理解して始めてみよう

越境ECサイトを利用すれば、個人でも簡単に海外販売をスタートできます。

これからは、発展途上国のバイヤー向けに海外販売が伸びます。しかも、紹介したプラットフォームが発展途上国に普及していけば、バイヤーの数も自然と増えて取引がしやすくなるでしょう。

つまり、個人で始める海外販売には、まだまだ伸びしろがあるといえます。

ぜひこの記事を参考にして、海外販売を始めてみてください。

なお、ブログに書けない更に詳しい転売のノウハウに関しては僕の無料マニュアルで濃い内容を配信しています。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

関連記事

最新記事

【ebay輸出対談】りんごさんが諦めない不屈の精神で月利100万円突破!

【ebay輸出対談】マキさんがノー外注ワンオペebayで月利110万円突...

【ebay輸出対談】ジョニーさんが覚悟を決めて取り組み月利120万円突破...

【ebay輸出】利益100万円を突破した中嶋さんに利益率40%超の商品の...

【ebay輸出】ヨーグルさんがほぼ店舗仕入れだけで月120万円を突破!

【ebay輸出】ゆうきさんが高単価販売で月利100万円を突破!【Camp...

【ebay輸出】ケイタさんが副業ebay無在庫×有在庫輸出で月利120万...

【ebay輸出】いのすけさんが副業ebay無在庫×有在庫輸出で月利160...

【ebay輸出】ケンタロウさんが副業ebay無在庫×有在庫輸出で月利12...

井上さんが接骨院の副業の傍らebay無在庫×有在庫で月利110万円を突破...

ゆうやさんが副業ebay無在庫×有在庫輸出で月利140万円を達成しました...

イトウさんが本業の美容師をやりつつebay無在庫×有在庫で月利130万円...

【ebay無在庫×有在庫】一度はカメラ転売に挫折するもひこさんが月収10...

ナカガワさんがebay無在庫×有在庫転売で月利147万円を突破しました!...

【2022年最新】ebayマネージドペイメントとは?登録方法や流れを徹底...

【ebay無在庫×有在庫】完全外注化して少労働で月利68万円突破!田畑さ...

浜本さん親子がebay無在庫×有在庫を開始10ヵ月で月利108万円突破し...

ケンジさんがebay無在庫×有在庫の直接取引が爆増して開始5ヶ月で月利1...

緒方さんがebay無在庫×有在庫転売で月利112万円を突破しました!

ケイさんが中古カメラ転売で月利100万円を突破しました!(還付金含めると...

副業の佐賀さんがebay無在庫輸出×有在庫を開始5ヶ月で月利210万円達...

大学生の徳永くんがebay無在庫輸出×有在庫で月利110万円を突破しまし...

カナさんが中古カメラ転売で月利30万円を突破しました!【実績者対談】

田畑さんが中古カメラ転売のeBay輸出×国内転売で月収56万円を突破しま...

小林さんが中古カメラのeBay輸出×国内転売で副業月収25万円を達成しま...

マユミさんが主婦業と中古カメラ転売の両立で月収73万円を達成しました!

ザ・ナイトクラブさんがeBay無在庫×有在庫輸出で月収105万円達成しま...

よしおさんがeBay輸出転売で月収100万円突破しました!「ハイパーノウ...

クレバさんがeBay無在庫輸出で月収100万円達成しました!「やる前は死...

※無料配布※【初心者から月5万円稼ぐ】 アート×骨董品転売の教科書【4億...

自粛期間に10万円以上の実績を出した生徒さんから見えた【はみ出し者の流儀...

とある凡人が起業して、トレーラーを脱輪させた話

【実話】月収10万円~月収1000万円を達成した実績者の声の一部を紹介!

【物販コンサル】グッチさんが副業カメラ転売で月収24万円を突破!【目標達...

【物販コンサル】Mさんが副業カメラ転売で月収33万円を突破!【外注化済】

家族でキャンピングトレーラー日本一周の旅をしてみて。報われる努力とは?

【物販コンサル】たかなかげとらさんが月収400万突破!おめでとうございま...

【物販コンサル】生田さんが月収101万突破しました!おめでとうございます...

【やり方次第】中国OEMはオワコン?ダメだと言われる5つの理由と言い切れ...

【疑問解消】電脳せどりが儲からない原因5選!改善策やおすすめの仕入先も紹...

【楽しよう】せどりが疲れたと感じる原因5選!解決策や効率化ツールについて...

【事前準備が大切】せどりに必要なもの12選!あると便利なものや始める手順...

Copyright©だて きなおのebay輸出,2024All Rights Reserved.